使用するなダイビング器材

体験してみたいなと思っていらっしゃるダイビングのお客さんのために、ダイビング器材やスキューバーダイビングについて、少しご紹介していきたいと思います。

ダイビングのお客さんの中には、スキューバーダイビングについて全く知識のない方も多いようですが、体験する前にはスキューバーダイビングについての説明や注意事項、ダイビング器材の使い方などの練習をおこなってくれると言われております。空気などの呼吸ガスを携行する方式の潜水器具を使用し、このダイビング器材を日本語では時給式水中呼吸装置とも訳されます。


アマチュアダイバーの場合は、潜水可能深度は最大で40メートル程度だとされており、潜水可能時間は最大で3時間半程度だとされております。ただし、この時間は潜水深度が大きい程短くなると言われております。一般的にレジャーダイビングのお客さんなどの場合には、平均的な潜水深度は20メートル前後、潜水時間は45分前後で1日に2から3ダイブもグルことが多いとされております。深度が大きくなるほど緊急時の浮上が難しくなりますので、窒素酔いや減圧症などの危険性が高くなります。初めての方は、インストラクターの注意を聞いて無理のない楽しみ方をしましょう。