最適なダイビング器材選び

ダイビングのとき、レンタル器材を使用するダイビングのお客さんがいますが、自分に合ったサイズが無いことも多く、他のサイズを我慢して装着する方もいます。「もっと上達してから自分の器材を揃えよう」と考えているダイビングのお客さんが多いのですが、スキューバーダイビングについて確かなことは、自分専用のダイビング器材を持つことが上達への第一歩だということです。 

 

自分に合ったダイビング器材は、フィット感は勿論ですが繰り返し使用することで器材が馴染み使用感が増します。これは、ダイビング技術のスキルアップに大きく影響しますし、衛生面や安全性においても、自己で管理ができるため安心して装着することができます。長く使うものだからこそ、自分に合った専用のダイビング器材選びが重要であり、スキューバーダイビングについてより深く快適に楽しむことができるのだと思います。

 

とはいえ、スキューバーダイビングについて経験の浅い初心者ダイビングのお客さんには、「どの器材から揃えるか?」さえも判断の難しいところです。潜るのは年に1〜2回という初心者ならば、まずダイビングマスクやフィン、マリンブーツなどの軽器材から揃えるといいでしょう。特にダイビングマスクは、水中でのストレスを大きく左右するので、ピッタリとフィットした物を選んでください。